【※悲報※】女性が選ぶ「嫌いな女芸能人TOP10」が大荒れ…ベッキーや矢口真里以上に嫌われていた人が・・・

今から6ヶ月前、レイシーさんは同僚に勧められて養育ボランティアをすることにしました。

レイシーさんは早速、地元の保護施設へと足を運び、子猫達を家に連れて帰ったのです。


「私と私の妹は、幼い頃から動物達と一緒に暮らして来たため、動物がとても好きでした。

そのため私は、子供達の周りに動物達がいないのを少し寂しく思っていました。

自宅には1匹の猫が住んでいますが、もっとたくさんの動物達と接することができたらと考えていました」とレイシーさんは言いました。

そこでレイシーさんは6月1日に、地元の保護施設『The Cat House On the Kings』を訪れました。

そして、子猫達の養育を引き受けたのです。

「それは私がこれまでにしてきた中で、最高の選択になりました!」



レイシーさんの息子の『サム君』は子猫達に会った瞬間、興奮で目を輝かせました。

「サムは最初、自宅の猫をそのまま小さくしたような子猫に興味を持ったようです。

私と夫が連れ帰った子猫達を慎重に抱くと、サムはその様子をじっと見つめていました。」

そして、サム君は驚くほど優しく子猫達を抱えて、幸せそうに接し始めたのです。

その優しい様子を見たレイシーさんは、一瞬で心が温かくなりました。


「私は動物達への愛情が子供達の心を育て、成長させると思っています。

サムは幼い子猫達に、とても素敵な反応を示しました。」


その日から、子猫達の養育が家族全員の共通の活動になりました。

「私達は新しい子猫が施設に保護されると、自宅に連れて帰るようになりました。

そして、新しい子猫がやって来ると、サムはすぐにキャリーバッグに近づいて来て、『こんにちは。君達はとっても可愛いね』と挨拶をして、子猫達と遊び始めます。」

そんなサム君が好きなことの一つは、暖かい毛布の下で子猫を抱きしめることだそうです。

サム君はいつも子猫達に、たくさんの愛情を注いでいるのです。
 

「サムは素晴らしいヘルバーで、子猫達にご飯を食べさせ、水を用意して、一緒に遊んで、たくさんの抱擁を与えます。

私達は半年経った今でも、子猫達の養育を続けています。」

サム君はこれまでに17匹の子猫達を立派に育てあげたそうです。


サム君は子猫が大好きで、ペット用品店で里親募集中の子猫達を見ると、

「ここにいる全ての子猫達を助けたい」とレイシーさんに話してくるそうです。

とっても愛らしい子猫達は、サム君の心を捉えて離さないようです。


レイシーさんは時々サム君を、地元の保護施設へと連れて行きます。

サム君は施設に到着するとすぐに、たくさんの猫達と一緒に楽しい時間を過ごし始めるそうです♪

「サムは猫の世話が本当に好きで、施設にいる全ての猫達を家に連れて帰りたいと思っているようです」とレイシーさんは嬉しそうに話してくれました。


サム君の猫への大きな愛情は、これから先もずっと続いて行きます。

きっとサム君は、これからもたくさんの子猫達を立派に育てあげ、幸せな猫達を増やし続けて行くことでしょう(*´ω`*)

 

引用元