【え、誰?】変わりすぎ!!!!細木数子の「最新版の姿」に誰もが二度見不可欠・・・・過去の人ってこうなるんだな…

ある日のこと、アンドリューさんと妻のケイトさんが家の外から助けを求める迷子の子猫の声を聞きました。すぐに家を出ると、家の外の茂みの中にガリガリにやせ細った1匹の子猫を見つけたのです。
すぐに子猫を保護した夫婦は、子猫に食べ物を食べさせ、温かい寝床を用意してあげました。

実はケイトさんは3日前にも家の外で鳴く子猫の声を聞いていました。しかし、その時は残念ながら子猫を見つけることができなかったそうです。それから3日間、この子猫はずっとご飯を食べられずにいたのです。

温かい家の中でお腹がいっぱいになった子猫は、すぐに新しい環境に慣れ、幸せそうに眠りにつきました。
翌朝、獣医さんのところへ子猫を連れて行くと、生後4〜6週目だということが分かりました。さらにマイクロチップがないかを調べてもらいましたが、見つからなかったそうです。子猫が捨て子だと分かった夫婦は、いっしょに暮らすことにしました。

この子猫は普通の猫とは違う特徴を持っていました。それは多指症のため指が1本多く、足がとても大きかったことです。そのため子猫は自分の前足を枕代わりにして眠ることが多かったそうです。
まるで人間の手のような子猫の足を、飼い主さん夫婦はとても気に入っているそうです。
元々この家には犬が住んでいたのですが、子猫とはとても気が合ったようで、今ではすっかり兄弟のような関係になりました。
 

すっかり元気になった子猫は、ご飯をいっぱい食べて日々成長しています。また、持ち前の好奇心で家中を走り回っているそうです。
いつも飼い主さんがテレビを見ていると、膝や足に登ってきて…
飼い主さんにくっついて眠るそうです。
何日も空腹に耐え続けた子猫は、今では温かい家の中でお腹いっぱいにご飯を食べています。でも独りぼっちの時期があったせいか、ちょっぴり寂しがり屋さんに育ったようです。これからも優しい飼い主さんや犬のお兄さんにいっぱい甘えて、幸せに暮らしていって欲しいですね。

引用元