【お前らにとっては飯ウマやろ?】結婚してから嫁の「小生谷欠の強さ」を知った結果・・・

ある日、ニューヨークのブルックリンで猫砂やペット用品といっしょに一匹に猫が捨てられていました。近くの住民が発見したとき、猫は自分のペット用品の隣で鳴いていたのです。
しかし、猫はその後どこかへ姿を消してしまいました。猫の健康状態が気になった地元のアニマルレスキューチーム『FAT Cats』は、何とかして猫を保護しようと、猫の発見者が撮影した写真をSNSに掲載したり、地元の住民に目撃情報などを聞いて回りました。

それから4日後、住民から猫を発見したと電話があったのです。すぐに駆けつけたレスキューチームのスタッフは、民家の裏庭で猫を無事に保護しました。

スタッフは、早速獣医さんに診てもらったところ、猫は約1歳だと分かりました。さらにマイクロチップがないかをスクリーニングしてもらいましたが、反応はありませんでした。

その後、猫は発見された大通りの名前から『ノストランド』と名づけられ、保護施設で里親さんを待つことになったのです。
誰もノストランドが捨てられた理由は分かりません。

「引っ越し先に猫を連れて行けなかったか、飼い主に慣れず家の中で暴れたため、捨てられてしまったのかもしれない」とスタッフは考えているそうです。

ノストランドは元々人懐っこい性格だったのか、保護してくれたスタッフに、とても幸せそうな姿を見せてくれているそうです。
猫といっしょに暮らすというのは想像以上に大変なことです。ノストランドのような猫を増やさないためにも、中途半端な気持ちのまま猫を飼うことは良くないことです。

まだ里親さんになってくれる人は現れていませんが、しっかりと世話をしてくれる人が見つかるまで探し続けるそうです。辛いことがあった分、新しい里親さんの元で幸せな生活を送っていって欲しいですね。

引用元