【そうだったの?w】女が「ピンク仕事」に軽々と出演してしまう本当の理由・・・・・

 
 
 

ある日、ジェンナさんが働くレストランのマネージャーが、店の外で子猫の声を聞きました。その後、マネージャーから子猫の話を聞いたジェンナさんは、お店の周辺を調査することにしたのです。

「午後11時頃、私は換気扇のところで子猫を見つけました。子猫は人間をとても怖がっていて、その場から出てこようとしませんでした」とジェンナさんは言いました。

子猫は怖い顔で威嚇したり、前足を振り下ろしたりと、全ての手段を使って抵抗してきました。ジェンナさんは子猫を落ち着かせるために食べ物を持っていきましたが、子猫はその後も敵意むき出しで威嚇してきたそうです。

 

「チキンで子猫を誘い出そうとしてから1時間後、私は仕事場からヘラを持ってきて、威嚇してくる子猫を引き寄せました。」

それからしばらくすると、子猫はようやく抵抗を止めました。子猫は寒さと飢えの中で、全ての力を使い果たしたのです。ジェンナさんはそんな子猫をタオルで包み、箱に入れて自宅へと連れて帰りました。

子猫が新しい家で最初のご飯を食べた後、ジェンナさんは子猫に『ナゲット』と名づけました。

ナゲットは初め、ジェンナさんを全く信頼していませんでした。そのため最初の数日間は、1日のほとんどを物陰で過ごしていたそうです。

「ナゲットはベッドの下に隠れて、ヒートパッドで夜を過ごしました。しかし数日が経つと、ベッドの下から少しずつ出てきて、ついに大きな音で喉を鳴らし始めました。その日以来、彼女はまるで別猫のように甘えん坊になりました。」

「ノミに覆われ、目が少し赤かったナゲットですが、その他は特に健康に問題はありませんでした。彼女は生後約4週で、体重は450gでした。」

保護からしばらくすると、ナゲットにお茶目な側面が見え始めました。

また、ナゲットはジェンナさんのおかげで、ハグ好きの子猫へと生まれ変わったのです。

「あの日以来、ナゲットは他の2匹の同居猫と友達になり、ご飯をいっぱい食べて急激に育っていきました。私は彼女が大きくになるに連れて、さらに彼女のことが好きになりました。」

もちろんナゲットもジェンナさんのことが大好きで、いつも腕の中で丸くなると、幸せそうに喉を鳴らし始めるそうです♪

そんな愛らしいナゲットの趣味は、窓辺でバードウォッチングをすることだそうです♪

「毎日、正午から3時まで、ナゲットは私の上で昼寝をします。そして毎晩、私がベッドに入ると、私の手に攻撃をしてきます。」

「ナゲットはとっても元気で愛らしい子猫です。あの夜、ナゲットが自分の居場所を私に教えてくれたことに感謝しています。私はもう彼女なしでは生きていけません!」とジェンナさんは嬉しそうに話してくれました。

こうして人間を恐れていたナゲットは、暖かい家と温かい愛情で、すっかり別猫へと生まれ変わりました。独りぼっちだったナゲットは、素敵な家族に囲まれて、新しい人生をスタートさせることができたのです。これからもナゲットはジェンナさんにたっぷりと甘やかされながら、すくすくと成長していくことでしょう(*´ω`*)

 

引用元