【幻滅!】武井咲の意外過ぎる裏の顔がヤバイ。。。関係者たちが大暴露 ※詳細はコチラ※

芸能界で早くも大コケ確定と囁かれているのが、武井咲(23)主演の7月期ドラマ『黒革の手帖』
(テレビ朝日系)だ。

武井といえば男女を問わず人気を集める女優だが、現場の評判は最悪だという。

「とにかく多いのが『聞いてない!』とダダをこねること。

マネージャーが武井に謝らないと、事が収まらない。

以前ですが、彼女の楽屋の前を通ったときに聞こえてきたのがわめき声。

『なんでこんな仕事を受けたの!?』とか『私のことを考えてくれてる?』のオンパレードで、聞いているこっちがいたたまれなくなりましたよ」

(制作会社AD)

すでに、今回のドラマでも似たような話が漏れ伝わってきているのだ。

「濡れ場が出てこないという話しなんです。

『黒革の手帖』は、元銀行員の原口元子が、己の肉体を武器に次々と男を手玉に取り、のし上がっていく松本清張の同名小説。

武井咲の意外過ぎる