【新事実!座間の悲劇】白石隆浩の人格を元カノが証言!衝撃過ぎる過去とは・・・(画像あり)

 

猫が鳴くたびに
飼い主に伝えたかった7つの意味

 

挨拶の意味です

『ミャオ(meow)』

愛情をもって近づいてきて、優しく声をかけてくれます。

猫同士の挨拶は鼻先を近づける行為ですが、飼い主さんや道端で出逢った優しい人間に対しては、真っ直ぐ目を見てご挨拶してくれる事もあります。

気ままで慎重、人見知りな猫という生き物に認めて貰えた瞬間です。

 

ご飯が欲しい時にも鳴くよ

キーキー声(squeak)

ただ単にお腹が空いて、それを飼い主さんに知らせる為に鳴く場合と、鳴く事で要求が受け入れられると「学習」して鳴く場合のふたつが考えられます。
前者は、まだ穏やかな声で飼い主さんに遠慮がちにお願いしている様に聞こえますが、後者は、かなりの音量で延々と『餌ーっ!まだ―っ!?」と聞こえる位です。

後者の「学習」に関しては、おそらく多くの飼い主さんが経験されている事例があります。
この「学習」とは、例えば、早朝に空腹に耐えかねて、うるさく鳴いてしまう猫。

飼い主としては静かにさせたいがために眠い目をこすりながら、ご飯を与えます。
それが何度か続けば猫にとっては、それが「学習」なのです。

「鳴けば飯が貰える」=飼い主さんの関心を引けばご褒美が貰える、となるのです。

 

かまって欲しい時

甲高い声でアピールします。強い欲求です。
これもご飯の時と同様、「鳴く」事で飼い主さんからの「遊び」というご褒美が有る事を期待しているかも知れません。

「つまらない」「暇だよ」「寂しいよ」「かまってよ」と訴えているのです。

また、甘えた声ですりすりしてきた時は、暇だから相手をして欲しいというメッセージでもあるのでしょう。

 

ストレスを感じたり不安な時

夜間に激しく鳴く行動があります。これは、「猫特有の夜明けと夕暮れに活動」する習性が関係した鳴き声です。

夜間活動エネルギーの発散として激しく鳴くのが、それに当たります。昼間の遊びが足りなかったせいかも知れません。

また、ストレスや不安、恐怖心から、自分を落ち着かせる為に繰り返し鳴く事もあります。
環境の変化など、原因を探してみる事も大切です。

 

発情期なんです。。

この時期は、飼い猫として人間に飼われていて普段、ほとんど野生の猫の姿など見せる事がない子でも避妊や去勢手術を受けていなければ、発情期特有の声をだします。

おそらく、初めて耳にする際には、飼い主さんもかなり驚くほどの声でしょう。

 

体調不良の鳴き声は

金切り声(shriek)

言葉を話せない猫が飼い主さんに対して伝えたい事の中で、これが、一番深刻であり、絶対に見逃してはいけないアピールです。
頻繁に猫が鳴くようであれば、体調の悪さを飼い主に訴えている場合も考えられます。

けがや病気のサインで有る事も考えられるので、普段と違う鳴き方、鳴き声には慎重になり、猫の様子を観察しましょう。

引用元