【最新】ピース綾部の現在wwwwwww ヤベェやろw(画像あり)

 

猫の『スマーフ』は全身を紫色に染められ、傷だらけの状態で動物保護団体「ナイン・ライブズ・ファウンデーション」に保護されました。スマーフはその小さな体で、生きるために必死に戦ってきたのです。

スマーフの詳細を知りたい方は『【実話】ヒドイ虐待を受け心を閉ざしていた子猫が親友に出会ったことにより…』をご覧ください。

スマーフが保護されたときの体重は、わずか600gほどでした。
 

スマーフの傷を治療すると同時に、紫色のインクを取り除くために、施設のスタッフはあらゆる手を尽くしました。そのおかげで傷は徐々に治っていきましたが、身体の深い部分まで染みついた色素は、なかなか取り除くことができませんでした。しかしスタッフは、何とかしてスマーフを元に戻してあげようと全力を尽くしたのです。

それから数週間後、ついにスマーフに染みついた色素が抜けてきたのです!
 

その後、スマーフは里親さんの家で看病が続けられることになりました。その家には、スマーフの親友『ワンダ』もいっしょに迎えられたのです。
 

スマーフはワンダと一緒に引っ越すことができたため、新しい家にすぐにとけ込むことができました。ふたりは新しい家に着くと、すぐに同じベッドで眠り始めたそうです。
 

日が経つに連れ、スマーフの紫色は薄くなっていき、代わりに美しい灰色の毛が伸び始めました。そして、過去の出来事がウソだったかのように、全身が奇麗な灰色になったのです!
 

スマーフはシッポまでフワフワです!
 

スマーフは大きくなるに連れ、さらにフワフワ感が増していきました。
 

 

そして、こんなにハンサムさんに成長したのです!
 

スマーフは飼い主さんのことが大好きで、いつも寄り添いながらゴロゴロと喉を鳴らしているそうです。
 

もちろんスマーフは、今でも親友のワンダといっしょです。優しいスタッフや飼い主さんのおかげで、再び人間のことを信じられるようになったスマーフは、幸せそうな姿をたくさん見せてくれるそうです。
 

こちらの動画は、スマーフがワンダを毛づくろいする様子です。

 

 

こうして紫色の身体で保護されたスマーフは、優しい人達のおかげで、灰色の毛に覆われた美猫に成長することができました。親友のワンダといっしょに暮らすスマーフは、最高に幸せそうですね! 辛い過去を乗り越えてきた分、飼い主さんにたっぷりと甘えて、幸せな毎日を送っていって欲しいですね!

引用元