【話題沸騰】世界一のイケメンと称賛!12歳美少年に釘付け!その姿に日本人女性失神確定!(画像あり)


メキシコ・ユカタン州にあるメリダという街で生まれ育ったマルガリータ・スアレスさん。

彼女は大の動物好きで、人生のほとんどを野良犬のお世話をするために捧げてきました。

毎日外に出ては野良犬に餌を与えていたマルガリータさんは、いつしか野良犬達の人気者となりました。

そんな彼女は、地元でも野良犬に愛されている女性として有名だったそうです。
 

しかし、昨年の3月、マルガリータさんは突然この世を去ってしまいました。

葬儀には彼女の親戚や友人をはじめとする多くの人が参列し、マルガリータさんの死を悼んだといいます。
 

葬儀場には野良犬の姿も

ところが、葬儀の為に集まったのはそれだけではありませんでした。

なんと、葬儀場には、これまでマルガリータさんにお世話になった野良犬達もぞろぞろとやって来たというのです。
 

マルガリータさんの娘さんは当時の様子を以下のように語ります。

「葬儀の当日、葬儀場の入り口にはたくさんの野良犬が集まって来ました。

 

葬儀場のスタッフの方々は初めて見る光景に戸惑っていましたが、

 

犬達が母の死を弔う為に集まったことが分かると、

 

彼らを中に入れてくれたのです。

「また、その後棺が霊柩車に乗せられ、火葬場へ向かう時も犬達は後を付いてきました

 

そして、火葬の準備が整い、母の姿が見られなくなると、

 

犬達は何かを察したように火葬場を去っていったのです。」
 

恩を忘れなかった野良犬達

野良犬たちがどうしてやってきたのかは不明ですが、

彼らはマルガリータさんの死を不思議な力で感じ取り、

最後にお別れを言いに来たのかもしれません。

彼らの姿を見ると、生前マルガリータさんがどれだけ野良犬たちに愛されていたのかが分かります。

たくさんの人々や犬達に見守られながらこの世を去ったマルガリータさん。

彼女はきっと今も天国で彼らを見守ってくれているはずです。