元AKBメンバーがTwitterで「L♡VEホテル行きました」→→→ 即削除( ゚Д゚)ww更にアレに顔を近づけて写真まで…(画像あり)

 

今から1週間前のこと、仕事でイベントに向かった男会場の近くで母親のいない小さな3匹の子猫を発見しました。子猫達はとても人を怖がっていて、隅っこの方で抱きしめ合いながら、お互いのことを守っていました。その姿を見た男性は、子猫達をその場に残しておくことができませんでした。

 

「子猫達はとても怖がりながら、角の方で丸くなっていました。係員の話によると、子猫達は朝早くに車の中から出てきたそうです」と男性は言いました。

男性は子猫達を安全で涼しい場所に運ぶ必要があると感じました。そこで男性は辺りを見渡し、子猫達を運ぶための箱を見つけました。

 

「私はダンボール箱を見つけて、食べ物と水を用意しました。そして、新しい里親さんが見つかるまで、自宅で育てることにしました。」

幼い子猫達は新しい家に着くと、すぐに男性に心を開きました。子猫達は優しい男性のおかげで、人間が悪い生き物ではないことを学んだのです。

 

子猫達は男性にすり寄り、たくさんの愛情を求めてきました。そして身体を撫でてもらうと、嬉しそうに喉を鳴らし始めたのです。男性は子猫達の世話を続けながら、里親さんを探しました。

 

そして数日後、3匹はそれぞれの家に旅立って行きました!

3匹のうちの1匹は『アナスタシア』と名づけられ、さっそく犬の親友を見つけました。「アナスタシアはボーダーコリーのバレリーと、すぐに結びつきました。ふたりは1日に何時間も寄り添っていて、お互いに離れることはありません」と新しい里親さ

 

「バレリーはすっかりお母さんモードになっていて、アナスタシアのことを自分の子供のように思っているようです。」

 

また、アナスタシアはポケットに入るのが大好きで、いつもポケットに収まりながら幸せそうにしているそうです♪

「アナスタシアは優しくて、甘えん坊で、とっても食いしん坊です」と里親さんは嬉しそうに話してくれました。

 

こうして隅っこで固まっていた子猫達は、優しい男性に保護されて、新しい家を見つけることができました。きっと子猫達は、温かく手を差し伸べてくれた男性に、いつまでも感謝していることでしょう(*´ω`*)

引用元