関節を「ボキッ」と鳴らすのは危ない….鳴らしすぎると恐ろしいことになる・・・

関節を鳴らすのは危険

皆さんは指や首といった、

関節を「ボキッ」と

鳴らしたことのある方はいませんか?

 

疲れた時や体のだるかった時などに

「ボキボキッ」と関節鳴らすと

スッキリした気がしますよね♪

 

中にはこんな方もいるようです

・整体で首をボキボキされたら

頭が痛いのが治った!

・腰をボキボキされてから

腰痛が治った!

・自分でボキボキやったら

なんとなく全体が軽くなった。

などなど。

 

しかし、

「ボキボキッ」と関節を

鳴らすのは危険があるそうです。

 

まずはボキボキなる

メカニズムを紹介します

骨(関節)はなぜなるの??

 

あのボキボキ音は

一体どこからどのように

鳴っているのかを説明していきます

 

しかし、今のところ

関節がボキボキ鳴るメカニズムは

完全には解明されていません。

 

解明されていないってのだけでも

なんだか怖いんですけどね…

 

現時点の研究段階では、

指やそのほかの関節を

鳴らそうとすると、

関節同士が突然

引き離されそうになります。

 

そして、

骨液というものの圧力が下がり

まるで炭酸水の容器を開けた時

のようにガスの気泡が生じます。

画像参照:NAVERまとめ

さらに、下がった圧力を

戻そうとする力によって、

ある瞬間に滑液が一気に

隙間へと流れ込み、

ポキッという音を

生じさせることが

わかってきたそうです。

 

しかし、

先ほども述べた通りですが、

まだ全ては明かされてはいません。

指を鳴らすことが関節に

ダメージを与えるかどうか

ということですが、

「治療に役立つかもしれない…」

「いやいや、危険だ!」

という声とがあり、

まだ解明されていません。

 

スッキリするのは少しの間だけ

確かにポキっとする音を

ならすことで得られるスッキリ感は、

そのとき、首の症状や肩こりを

緩和させるかもしれませんが、

やはり危険です。

こんなことはありませんか?

 

いつもはすぐに鳴る音が、

なかなか鳴らないといって、

繰り返し挑戦しているうちに、

頚部の筋肉や関節を

痛めてしまうことあります。

 

また、やみくもに鳴らしていると、

骨の変形を招いたり、

音の種類によっても

骨の変性の進行に違いが見られる、

といった話もあります。

 

自分で鳴らす場合は、

音の鳴る関節がだいたい

決まってきてしまい、

常に同じ部位だけが刺激を

されるということも良くありません。

 

手先の作業などの疲れで

自分で指の関節をと鳴らしている

人も多いと思います。

 

そんな時に周りに

「指が太くなるよ!」

なんてことも言われたと思います。

 

実際のところ、

指は本当に太くなります。

骨自信が刺激によって

「このままではいけない!」

と、骨を太くしていくのです。

 

では、勝手にポキっと

鳴ってしまう場合は?

勝手に音が鳴ってしまう場合は?

 

例えば首を動かしたり、

足の指や手の指を動かしたとき

勝手に「ポキっと」鳴ってしまう

方も大勢いらっしゃると思います。

 

そういう方の特徴としては

その部分が負担を感じ始めている

可能性が高いと思われます。

 

そんなあなたは体を

休めてみるといいかもしれません。

 

いかがでしたか?

皆さんもお体には

十分に気おつけて下さい

勝手にポキッとなる事がありましたら

こまめに休憩をとってくださいね