悲しませれば女性からモテる!?優しいだけの男性ではモテない・・・

女は悲しませてナンボ!?

 

突然ですが皆さんは、

次のどちらの男性の方が

女性にモテると思いますか?

①女性に優しい男

②女性に厳しい男

 

多くの男性が

「①女性に優しい男」を

選んだのではないでしょうか?

 

もちろん、

それは間違いではありません。

「女性に優しい」というのは、

女性に好かれる上での絶対条件です。

 

ちょっとしたことで女性を助けてあげたり、

話を聞いてあげて優しい言葉をかけて

あげるというのは女性から人気がある

男性が心がけていることなのです。

 

しかし、「女性に優しい男性」が

必ずしも狙った女性を落とせたり、

やたらと女性に恋愛感情を

向けられるかというと、

そうでもありません。

 

また「女性に優しい男性」というのは、

すぐに女性に捨てられて

しまう割合も高いのです。

 

この公式を見てください。

女性の恋愛感情=

プラスの感情量 ×マイナスの感情量 × 回数

女性の恋愛感情というのは

二種類の感情を掛け合わせたものに、

さらに回数を掛け合わせたものになります。

 

つまり、

立方体(箱)のように

体積( ボリューム)

を持っているものなのです。

【※イメージ】

 

女性に優しくするというのは、

この恋愛公式でいう

「プラスの感情量」

を増やすことなのです。

 

女性に何回も

優しくしてあげることで、

貴方に対する女性の

プラスの感情量はどんどん

増えていくでしょ う。

 

イメージ でいうと、

どんどんプラスの感情量 × 回収 の

「面積」が増えていくようなイメージ です。

 

しかし、 体積としては

あまり増えていません。

恋愛公式の「マイナスの感情量」が

全く増えていないからです。

 

女性に恋愛感情を起こさせる為には

「マイナスの感情量」が絶対に必要です。

 

マイナスの感情量とは?

女性が不安になったり、

悲しんだりすることです。

感情を上げたり下げたりする

例えばなしで説明すると

感情のジェットコースターを巻き起こす。

 

「マイナスの感情量」を

増やすには次のような方法があります。

・メール や電話を無視する

・待ち合わせに遅刻していく

・約束を破る

・他の女の影をちらつかせる

・怒る

・叱る

・恐怖を感じさせる

このような行動を女性に対して行うことで、

女性の「マイナスの感情量」は増えていきます。

 

「こんなことをしたら女性に

嫌われてしまうのではないか?」

 

そう思われる方もいらっしゃるでしょ う。

もちろん、この「マイナスの感情量」を

感じさせたまま女性を放置すると女性に

嫌われてしまい ます。

 

コツは「プラスの感情」と「マイナスの感情」の

感情を一日で味わわせることです。

 

まず、「マイナスの感情」を味あわせた後に

「プラスの感情」を味わわせるのです。

 

例えばデート当日、約束に二十分ほど遅れていき、

その後サプライズで食事中にプレゼントを

あげることでプラスの感情を味わわせるのです。

 

 

プラスの感情とマイナスの感情の

感情を両方味わわせることで

体積が増えていきます。

 

次の公式をもう一度見てください。

女性の恋愛感情=

プラスの感情量 × マイナス の感情量 × 回数

女性を落とすことに長けている男性は

この公式を骨の髄から理解しています。

 

だから、時として

女性に厳しく接するのです。

注意点として絶対に、

マイナスの感情のまま

女性を放置してはいけません。

 

長くてもマイナス感情を味あわせてから、

三日以内にはプラスの感情を味わわせる

必要があります。

 

カップルは紙一重

もしあなたが理想的な彼女と

ラブラブな関係を築いていると

しましょう。

 

自分も相手を信じているし、

彼女も自分を信じてくれている。

彼女のことを誰よりも愛しているし、

彼女も自分のことを愛してくれている。

 

彼女の誕生日にはプレゼントを欠かさずするし、

ちょっとした彼女の変化にも気をつけて

心配してあげる。

とても理想的なカップルです。

 

しかし、そんな理想的なカップルがゆえに、

あなたと彼女は破局してしまう可能性があります。

 

それは「彼女と付き合った後でも」

女性の恋愛感情の公式が強力に働くからです。

 

公式で導かれる「女性の恋愛感情」

というものは常に変化する立方体なのです。

 

一時期どんなにラブラブな状態になり、

立方体の大きさが大きくなったとしても、

あなたがプラスとマイナスの感情量を、

それぞれ感じさせないと、

あっという間にその大きさが

小さくなってしまうのです。

 

結婚した後にも当てはまる!?

芸能人のカップルがよく結婚後すぐに

分かれてしまうのは、結婚するまでは

プラスとマイナスの感情のジェットコースターが

とても強大なものだったのが結婚した途端に、

この感情の起伏が無くなってしまうからなのです。

 

「あんな素敵なお店に連れて行ってくれた」

「あの女優と付き合ってるんじゃないか」

「とってもカッコいい役を演じていた」

「ファンがものすごく多いみたいだ」

「テレビでも毎日番組に出ている」

そういう感情の波が、

結婚して自分のものになり、

また生活を一緒にすることで実際の姿を

見ることで過度の認識がなくなり、

一気に女性の恋愛感情の体積

体積が縮小してしまうのです。

 

もちろん、男性の方がちゃんとその状況を認識し、

プラスとマイナスの感情を生み出す努力をすれば、

この状況は打開することが出来ます。

 

しかし元々チヤホヤされ、

女性の心理学に疎い人が多いのも

俳優を初めとした芸能人に良く見られる傾向です。

 

結果、奥さんの状況に気づかず、

離婚してしまうまで心が

離れてしまうカップルが多いのです。