ギネスブック公認の世界最大のクモにネズミを近づけた結果…恐ろしすぎると話題に…

ギネスブック公認の世界最大のクモ

ギネスブックにも登録されている

世界最大の毒蜘蛛・ゴライアスバードイーター。

(和名:ルブロンオオツチグモ)

その大きさは大人の手と較べればこの通り。

大きな鋏角を持ち、噛まれると

小型犬に噛まれるくらいの怪我をすることになるそうです。

「バードイーター」という名前がついていますが、

鳥を食べることはありません。

その大きさから「トリをも食べるクモ」という

意味で付けられた名前だそうです。

野生では様々な昆虫やトカゲやカエルなども捕食していて、

飼育する場合は、マウスやコオロギを与えるとか。

ゴライアスバードイーターにマウスを与えると

このゴライアスバードイーターに

生きたマウスを餌として与えた動画があります。

どのように生きたマウスを捕食するのか・・・

捕食は一瞬の出来事でした。

ゴライアスバードイーターはトゲのような細かい刺激毛で

全身を覆っていて人間にはかゆみをもたらす程度ですが、

マウスに致命傷を与えるくらいの攻撃力があるそうです。

これは逃げられませんね。

こんな蜘蛛を見たら腰を抜かしそうです。

でも南米北東部では食用にされているそうです。

ネットでの反応

・かっけえな。昔、こんな名前のバンドがあったような。

・このクモを飼う人もいるのがすげー

・マウスが無警戒過ぎて・・・

・怖いけど重要な蛋白源として食べられてるんだよな。