飼い主に捨てられてた全身ダニだらけの老犬。”本当の愛”にふれた最期の8日間に涙。。。。

2017年2月にラブラドールレトリバーの

老犬であるコリンが非道な飼い主によって

庭の外に捨てられているのを隣人が発見しました。

隣人は飼い主に何故そんな酷いことをするんだと

問い詰めたところ、なんと飼い主は

「この犬は病気になってるし、

体中ノミやダニだらけで、もう価値がない」

と信じられない返答をしてきたのです。

隣人は飼い主の非道さに愕然とし、

すぐにFacebookでコリンがどんな状況なのか

というのを写真に投稿しました。

その投稿を見つけたのは、アメリカフロリダ州

マイアミで動物保護活動を行なっている

「Their Lives Matter Inc.」の創設者であるグレースさんでした。

保護された老犬・コリン

コリンの姿を見た彼女は非常にショックを受け、

ただちに救出しに現地へ向かって保護しました。

そして地元の動物病院へ連絡を入れて、

数時間後にはコリンを動物病院へ搬送して

検査を行うことができました。

その結果、コリンには背中に大きな傷があり、

さらに大量のノミやダニが体中におり、

その数は1,000匹ほどいたんだそうです。

さらに詳しく検査をすると、コリンの目は

ほとんど見えておらず、今までどれほど辛い思いを

してきたのかと考えるとグレースさんや

獣医達も心を痛めていました。

血液検査を行ったところ、重度の貧血はありましたが、

幸運にもダニによる感染症やフィラリアには

かかっていませんでした。

そして獣医達はすぐにコリンの体からダニやノミを

5時間かけて除去し、抗生物質を投与して

丁寧にシャンプーも行いました。

そして暖かい毛布と美味しい食事を与えられ、

優しいスタッフから声をかけられたりと、

たっぷりの愛情を受けることができるようになりました。

その結果もあり、コリンは搬送されて24時間後には

尻尾を振れるほど回復していきました。

回復したコリン

治療を受けるようになったコリンは数日後には

食欲も出てきて、尻尾を振って喜びを表現する

ことができるようになりました。

その姿を見たグレースは

「コリンが助けてくれた

獣医達にお礼を言っているようだった」

と話していました。

しかしコリンは全身が関節炎になっており、

背中に出来た腫瘍も除去しなくてはならず、

鍼治療する予定だったりと大変な治療が待っています。

その様子を見たグレースさんは

「飼い主に恵まれなかったせいで

コリンはこんな辛い経験をすることになった」

と辛い胸中を語りました。

実際に飼い主がたっぷり愛情を注いで育てていて

病院にも行っていれば、コリンは失明して

いなかっただろうし、関節炎にもなっていなかったし、

ダニやノミだらけにならずに済んでいたはずなのです。

ただただコリンは多くを望まず、暖かいベッドと食事と

愛情が欲しかっただけなのに、それすら与えられなかった

ということにグレースさんは悲しみと怒りを感じていました。

そしてグレースさんはコリンに残された時間は

もう長くないと思っており、コリンを毎日たっぷり

愛していきたいと改めて誓ったのです。

最期の時間

2017年2月20日に保護されたコリンは

同年2月28日に天国へと旅立ちました。

医療スタッフとグレースさんは悲しみを

抱えながらもコリンの冥福を祈り、

コリンを応援していた人たちからも

悲しみの声が寄せられました

グレースさんはコリンの最期について

「もっとコリンと一緒に過ごしたかったけれど、

コリンが生きた最期の数日間は愛情に満ち溢れた

幸せな時間だったと思います。

たくさんの方々がコリンを愛してくれたことに感謝します」

と語り、最期のコリンはとっても

幸せなものだったと振り返っていました。

コリンはきっと今頃天国で全ての苦しみから解放され、

楽しく走り回っていることでしょう。