【もうやめて….】結婚式の参列者に紛れ込んだテロリストに気づいた犬、自身の命と引き換えに多くの命を救う。。。。

ここ数年イスラム過激派の行動が

活発化しており、地元住民は危険と

隣り合わせに過ごしています。

そんな街である日、「結婚式」が

執り行われる事になりました。

しかし、そんな祝いの場にも

テロの脅威が迫ろうとしていたのです。

街に元気を取り戻したい

今回結婚式が行われる事になっていたのは、

イスラム過激派バコ・ハラムの拠点でも

知られるナイジェリア北東部です。

この街は何度もテロが発生しており、

すでに15,000人以上の住民がその命を落としています。

さらに200万人もの住民が逃亡しており、

街には人の影が減りつつあります。

そんな街に残っている住人は「少しでも前向きに」と

日々地域の活性化に励んでいます。

今回の結婚式も、そんな街の住人たちの

希望の指標となるはずでした。

結婚式で起きた悲劇

結婚式当日、多くの人々が参列する中へ

フラフラと近づいていく少女がいました。

そんな少女の異変に気が付いたのは1匹の野良犬。

少女の前に立ちふさがった野良犬は、

結婚式の参列者との間に立ちふさがり少女の行く手を阻みます。

そう、この少女は身体中に爆弾を

仕込んだテロリストだったのです。

野良犬は必死に少女を遠ざけようとしましたが、

無残にも少女は爆弾を起動させてしまします。

テロの犠牲になった命

少女の行く手を阻んだ犬のおかげで、

結婚式会場からは少し離れた所で爆発。

残念ながらこの爆発に巻き込まれた3人の男性が

命を落としましたが、この犬が行く手を阻んで

いなかったら更に大勢の被害者が出ていた事でしょう。

そして、この勇敢な犬も多くの命と

引き換えに命を落としてしまいました。

大勢の人が集まった結婚式での自爆テロ。

死者は出てしまったものの、被害が3人に

抑えられたのは紛れもなく野良犬のおかげです。

この街では、この勇敢な犬への感謝の気持ちで溢れているそう。

どうか、この犬と被害に遭われた方が

安らかに眠ってくれることを祈るばかりです。