「女の子はいらない」あまりにも身勝手な理由で手を縛られ生き埋めにされた少女、人間とは思えない所業に怒りが止まらない….

世の中には私たちの想像も及ばない、

酷く残酷な世界があります。

国が違えば文化、そして宗教も違いますが”

命”の尊さは世界共通であるはずなのです。

しかし無残にもその命を弄んだ一人の男性、

そしてその被害に遭ったのは彼の娘でした。

このニュースは全世界に発信され、

多くの人が言葉を失くしただただ心を痛めました。

生き埋めにされた少女

妻の外出中に娘の命を奪おうとした卑劣な父親。

インド東部のトリプラ州でアブドゥル・フセインという男が

「親族に対する殺人未遂」の容疑で逮捕・起訴されました。

信じられないことに、自宅の裏庭に穴を掘り

10歳の娘を生き埋めにしたのです。

少女は両手を縄で縛られ、口にテープを貼られた姿で

胸から上が土の上に飛び出した状態で発見されました。。

さらに頭には大きな竹製のカゴがかぶせられており、

その重みで徐々に体が沈むようにされていたのです。

とても同じ人間とは言えない所業に、

地元住民は怒りに震えたといいます。

「女の子は要らない」

帰宅したアブドゥルの妻は娘の姿が見えないことに

気が付いた時近隣の住民に声をかけて回りました。

「娘をどこかで見かけませんでしたか」

妻が住民に問いかけますが見かけた人はおらず、

ここで娘の行方不明が発覚します。

彼らも捜索活動に加わり少女を探しまわっていた時、

住民の一人が家の裏庭で生き埋めになっている娘を発見しました。

少女の痛ましい姿に、そこにいた物が父親を問い詰めたところ・・・。

「女の子など要らない」

アブドゥルの耳を疑うような発言に住民は激怒し、

彼を袋叩きにしたうえで警察に突き出しました。

小さな少女がこの時どれほどの恐怖を感じていたのか・・・

想像するだけで胸が痛みます。

また日頃から酷い扱いを受けていたのではないかとも考えられ、

少女の心に早く平穏が取り戻されるよう祈るしかありません。

彼女のこれからの未来が明るいものである事を願うばかりです。