バスの後部座席で震える犬。ただ事ではないと運転手が近寄ると悲惨すぎる事実が発覚する・・・

イギリス・ロンドンのバスの運転手、ポール・マックさん。

ポールさんはいつものように朝9時30分ごろ、

ロンドン市内を運行していました。

すると、2人組の男性がブルテリアを連れて

バスに乗って来たのです。

犬と一緒に公共交通機関に乗車することは、

ロンドンだけでなくヨーロッパ全土では日常的な光景。

そのため、ポールさんも特に気にしていなかったのですが、

しばらくすると2人はブルテリアをバスに残し、

降りて行ってしまったそうです・・・

ポールさんはブルテリアがずっと

乗車していることに気がつき、車内マイクにて、

『犬の持ち主はいませんか?』

と尋ねたものの、車内にいる

乗客は全て違うとのことでした。

運行を終え、ポールさんはブルテリアの様子を

見に行くと、じっと震えながら座っていたそうです。

ポールさんは

「すごく不安そうに震えていて・・・。

でも利口そうな犬だなと思ったので、

家に連れて帰ってやろうとバス会社に

言ってみたのですが、もし咬まれた場合、

労災として認められないということで、

連れて帰るのを断念した」

と語ります。

また、ブルテリアはそこから

動きたくなさそうだったとも言います。

この姿を胸を痛めたポールさんは、

持ち込んだ食べ物をブルテリアに与え、

一晩中バスの中で付き添ってあげたそうです。

この様子をSNSに投稿したところ、

瞬く間に拡散され、翌日には飼い主さんが現れたのです!

このブルテリア・ボストンくんはなんと散歩中に

男たちに誘拐されてしまったとのこと。

飼い主のパウリーナ・リューバックさんは、

二度とボストンくんに会えないのではないかと

ひどく悲しんだそうですが、翌日に再会

できたことを大喜びしたそうです。

飼い主さんと離れ離れになったボストンくんも

非常に寂しい思いをしたと思いますが、付き添ってくれた

ポールさんのおかげで、少しは寂しさが

和らいだのではないでしょうか。

無事に家族の元に戻れて本当に良かったと思います。

散歩中のペットを誘拐する人間が近年後を絶たないようです。

皆さんも散歩中に不審な人物がいた場合、

必ずペットから目を離さず、側にいてあげてくださいね。