路上に捨てられていた2匹の子犬。子犬がさらに小さな子犬を抱きしめる姿に胸が苦しくなる。。。。

ベトナムのホーチミン市の路上で見かけた光景。

街頭の片隅には、子犬がさらに小さな子犬を抱きしめ、

守るように体を寄り添わせていました。

こんな光景を見たら通行人が放っておかなさそうですが、

誰も足を止めようとはしなかったのだとか。

そんな中、2匹に救いの手が差し伸べられました。

2匹を助けたのはパゴダ(仏塔)の修行女性たち。

大きい子犬はお寺に着いた後も、

黒い子犬を抱きしめるのをやめなかったと言います。

おそらく誰かに捨てられてしまい、食べるものもなく

衰弱しきっていましたが、体を寄り添うことで

寂しさと飢えをしのいでいたのでしょう。

その怯える様子から、路上での生活の中で

何かひどい目に遭ってきたのかもしれません。

しかし、2匹は完全に人間不信に陥ったわけではなく、

しばらくすると徐々に心を開いていったといいます。

やっと、食料と安全に暮らせる場所を見つけた子犬たち。

しかし、未だに2足立ちはくせになっているようです。

表情に生気が出て、心なしは姿勢もよくなりましたね。

ちなみに黒い子犬を抱えていた、

もう一匹の子犬は座前を学んでいるそうです。

胡座をかくのが上手くなりました。

背筋も伸びていますね。

想いにふけている様な姿を見せる時もあります。

リラッックスした様な表情を見せる子犬たち。

2匹はこれからもお寺の人々や、

仏様に見守られて幸せに暮らしていくことでしょう。

本当に良かったですね。