子供の誕生日パーティーに30人の友達を招待したのに1人もこなかった。SNSで少年の絶望を知り救世主が続々と・・・

アメリカ・アリゾナ州ツーソンに

住むテディ・マッツィーニくんは先日

6歳の誕生日を迎えた。

マッツィーニ家では

盛大にお祝いしょうと

日曜の午後、ピーター・パイパー

ピザ・レストランで

誕生日パーティーを開くことにした。

テディくんの幼稚園の

同級生とその家族を招き

みんなで楽しくピザを

食べようと考えたのである。

しかし当日驚くべき状況となった。

誰一人としてやってこなかったのだ。

テディくんはたくさんの

紙皿やナプキンが並ぶ

ロングテーブルにポツンと座り

とてもさみしい記念撮影を行った。

 

息子の誕生日パーティーに誰もこない緊急事態

テディくんは

この誕生パーティーを

とても楽しみにしていた。

母親からディズニーランドに

旅行するのとと誕生日パーティーの

どちらがいいと訊かれ

誕生日パーティーを選んだくらいだ。

そこで母親は30人に招待状を出した。

何人かは「参加できない」

と連絡してきたが

何の連絡もない人ほとんどだったそうで

シルさんは連絡のなかった人は

参加できるものと思っていた。

だが誰も来なかった。

あまりのショックにテディくんの母

シルさんは、この写真をフェイスブックに投稿した。

なんだかガッカリだし

パーティーはしばらくやめておこう・・・

マッツィーニ家をそんな暗い

気分が包んだがここからがすごかった。

シルさんの投稿が

SNSで大きな話題を呼び

奇跡のような出来事が

次々に起こったのである。

 

各界著名人からバースデー・メッセージが続々と

なんと、SNSを通じて

各界著名人が続々と

テディくんにバースデー・メッセージを

送ったのである。

例えば音楽プロデューサーとして

知られるDJキャレドは

誕生日を祝った上でテディくんに

何かプレゼントを

贈るつもりであることを明らかにした。

僕らの試合を観戦に来て

数千人とお祝いするのはどうだい?

水曜日、ロサンゼルス・レイカーズ

とのし合いのチケットをプレゼントするよ!

すぐに連絡するからね、テディ!

また、フェニックス・サンズ

(アメリカのプロバスケットボールチーム)は

テディくんと家族を

ロサンゼルス・レイカーズとの試合に招待。

さらにフェニックス・ライジング

(アメリカのサッカーチーム)も

テディくんらをプレーオフに招いたのである。

ほかにも、テディくんのもとには

さまざまな人からさまざまに

誕生日を祝うメッセージが届いた。

SNSで広がる善意の輪

結果として、テディくんは

予定していたよりもずっと

多くの人々に誕生日を祝われることとなったのだ。