【猫は百薬の長】猫をハグすることで得られる6つの効果…こんなにも効果があるんだと話題に。。。。

猫をハグすることで得られる6つの効果

猫のハグで疲れが癒されるという人が多くいます。

猫にとって飼い主と交流する時間は適度な運動を提供し、

心身ともに健康に繋がります。

猫をハグすることで一体どんな効果があるんでしょうか。

今回は猫をハグすることで得られる6つの効果を紹介します。

1日を終えて愛猫を抱きしめる瞬間が何より幸せ、

疲れが癒されるという人も多いでしょう。

実はこの抱擁はヒトと猫の両方に身体的、心理的、

そして社会的なメリットをもたらしてくれるようです。

1.心を穏やかにしてくれる


仕事や学校、その他の用事から帰ってきたとき、

あなたの帰宅を喜んでゴロゴロいう愛猫を抱きしめれば、

1日の疲れや緊張もほぐれるはずです。

心の緊張がほぐれると体もリラックスして、

心配ごとや悩みのタネからも少しは解放される。

猫にとっても飼い主が外出中は人間がどこに行っているのか、

ちゃんと帰ってくるのかを知るすべはなく、

あなたが帰宅すると安心して嬉しいと感じます。

あなたが猫を抱擁して愛情を示すことで

猫のストレスも和らぐでしょう。

2.免疫力を高めてくれる


猫に頻繁に接触することで免疫力が

高まるという研究結果があります。

少量の猫のふけやその他の猫由来の

アレルゲンに定期的に接触すると

季節性アレルギーやぜんそく、

ペットアレルギーを予防する効果があるという。

猫にとっても、人間による抱擁は

免疫力を高める力となり得ます。

愛する飼い主に抱きしめられ、

一緒の時間を過ごす猫は幸福感に満たされ、

それがひいては健康や長寿に繋がっていきます。

3.猫という心強い仲間ができる


自分には友だちも恋人も家族も理解者もいない。

そんな風に孤独を感じている人もいるかもしれません。

でも、あなたのそばに猫がいるなら、

猫はあなたの仲間だし、あなたは一人ではない。

そう思えるならうつ病や不安症の

リスクも軽減されるかもしれません。

孤独を好むと言われる猫だって

愛情と(適度に)かまってもらうことを欲している。

忙しければほんの少しでもいいから、

毎日猫のそばに座って抱きしめたり撫でたりすることで

猫の精神状態も安定し、

元気で長生きしてくれることに繋がるはずです。

4.血圧を下げてくれる


猫がいることで心が穏やかになるのは

猫飼いなら周知の事実でしょうが、

猫を飼っている人はそうでない人よりも

血圧が低い傾向があるという研究結果があります。

猫がストレスや不安感を和らげて血圧を下げてくれるのです。

猫にとっても大好きな飼い主がそばにいてくれることは

ストレスを軽減し、ひいては身体的な

不調からも守ってくれます。

5.セラピー効果がある


猫を撫でたり抱擁したりすることで

人を幸せな気分にしてくれる愛情ホルモンや

幸せホルモンと呼ばれる

オキシトシンが放出されることがわかっています。

また、物言わぬ猫だからこそ、

自分の本当の気持ちや愚痴を話すことができます。

猫はただそこにいて黙って聞いてくれるだけで

弱音を吐いたあなたを非難したり軽蔑したりはしません。

猫に気持ちを吐露することで楽になる部分もあるでしょう。

6.心臓発作や脳卒中のリスクを軽減してくれる


猫の存在は、血圧ばかりか、

コレステロールや中性脂肪も下げて

心臓発作や脳卒中のリスクを

軽減してくれると言われている。

米ミネソタ大学が10年にわたって

約4000人のアメリカ人を追跡調査した結果

(2008年に発表)、

猫の飼い主はそうでない人と比べて、

心臓発作のリスクが約30%少ないことが判明しました。

心臓発作にはストレスや不安が関係していると

言われるが、猫を飼うことでそれが軽減される

ためではないかと考えられています。

猫にとっても飼い主と交流する時間は適度な

運動を提供し、心身ともに健康につながるはずです。

ネットでの反応

・やはりペットの存在は大きい!

・猫は百薬の長

猫の腹に顔をうずめながらモフるか・・・

・そう、猫はご主人様でも下僕でもない

犬と同じ愛すべき家族なのです

部屋にずっと一緒に居てくれる愛すべき隣人を

変に崇めるのではなく家族として愛しましょう