どうか忘れないでください…犬からの10のお願い・・・

1

私の一生は

10~15年程しかありません。

ほんの僅かな時間でも

貴方と離れていることは辛いのです。

私を家族に迎える前に

どうかそのことを考えてください。

 

2

あなたが私に望むことを

理解出来るようになるまで

少し時間をください。

 

3

私を信頼してください。

私にとって

それが一番大事なことなのです。

 

4

私を長時間叱ったり

罰として閉じ込めたりしないでください。

貴方には仕事や楽しみがありますし

友達だって居るでしょう。

でも…

私には貴方だけしか居ないのです。

 

5

時々は私に話し掛けてください。

あなたの言うことは解らなくても

私に話し掛けるあなたの声は分かるのです。

 

6

あなたが私にどんな風に

接しているか私は決して忘れません。

 

7

私を叩く前に思い出してください。

私には貴方の手の骨を

簡単に噛み砕くことが

出来る歯があるけれど

決して噛まないようにしていることを。

 

8

私のことを言う事を聞かないだとか

頑固だとか

怠け者だとか叱る前に

まずは自分に問い掛けてみてください。

きちんと食事を与えてましたか?

太陽の下に長く

放置しておきませんでしたか?

もしかすると

歳を取ってどこか

弱っているのかもしれません。

 

9

私が歳を取っても

どうか世話をしてください。

貴方も同じように歳を取るのです。

 

10

最期の旅立ちの時には

傍に居て私を見送ってください。

「見ているのが辛いから」

とか「私の居ないところで逝かせてあげて」

なんて言わないで欲しいのです。

貴方が傍に居てくれるだけで

私にはどんなことも

安らかに受け入れられます。

そして…

どうか忘れないでください。

私が貴方を愛していることを。