【炎上ラッシュ】たった1枚の写真で人生が終わった人々。これはアカンやろ!

近年はスマホなどの

便利なアイテムによって、

手軽に撮影した画像を

ネットのSNSに

投稿することも簡単ですよね。

昔なら、考えられないことです。

友達との楽しい写真や

美味しそうな食べ物の

写真などは、

見ていても楽しくなりますが、

中には、

「どうしてそこでそんな写真を・・。」

というものも。

そんな問題の写真を撮影して

ネットに投稿したことで、

人生が終わった・・と

言われた人たちがいます。

一体、どんな写真なのでしょうか?

1.蕎麦屋の従業員

食器洗浄器の中に潜り込んで、

写真撮影した従業員。

この画像をTwitterに投稿して、炎上。

会社は倒産することに・・。

なぜこんなことを

思いついたのでしょうか。

2.ローソン

ローソンのアイスボックスの中で

寝そべる男性。

この写真をfacebookに

投稿したことで、大炎上。

この男性は、この店舗を経営している

関係者だったため、

店舗は閉店することに・・。

それ、全部製造者が汗水垂らして

作った商品なんですよ。

3.警察のバイク

警察のバイクに跨って、

写真撮影をする女子学生。

本人的には

冗談のつもりでしょうけど、

分別がつく大人になってほしいです。

4.バーガーキング

アメリカのオハイオ州にある

バーガーキングで、

従業員と思われる男性が

食材のキャベツを

踏みつけています。

本人がこの画像を

ネット上にアップしたところ、大炎上。

日本だけではなく、

世界的にもこのような行為が

問題視されています。

5.ピザ屋

ピザ屋で働くアルバイトが、

ピザ作成に使用する生地を

顔に貼り付けて写真撮影。

この写真をTwitterに投稿して炎上。

自分たちが

口にするかもしれないものを、

こんな風に使われていたら

絶対このお店を

利用したくないですよね。

6.ステーキハウス

ステーキハウスのブロンコビリーで、

アルバイト従業員が

冷蔵庫に入っている写真を撮影して、

ネット上に投稿。

当然のごとく大炎上した結果、

本人は解雇されて、

この店舗は閉店することに。

社会では、「出来心」なんて

そうそう通用しないんです。

7.ピザーラ

ピザーラの店員と思われる女性が、

シンク内や冷蔵庫の中に

入っている写真を撮影。

Twitterやブログなどに投稿して炎上。

店側は謝罪文を掲載して、

対応する羽目に。

炎上する恐ろしさ

よく「炎上する」という言葉を

耳にしますが、

批判されるだけでしょ?

って軽く考えている人も

いるかもしれません。

でもネット上で炎上すると、

その画像の本人の情報、

本名や住所、勤務先や出身高校、

家族構成や家族の勤務先など、

すべての情報が晒される!

といっても過言ではありません。

しかも投稿後に炎上が始まると、

たった数時間の間に・・です。

しかもネットに投稿した写真は、

紙媒体と違って取り消せません。

あなたの10年後、20年後、

さらにその先まで一生ついて回るんです。