『実話』後ろ足が不自由な犬。殺処分目前で救ってくれたのは車椅子の青年だった。。。。

事故の影響で後ろ足に障害を抱えてしまった犬。

シェルターに引き取られ、殺処分を待つだけだった

運命を救ってくれたのは、同じように

足が不自由な車椅子になった青年でした。

現れた飼い主は車椅子に乗っていた

後ろ足を引きずる1匹の犬「チャンス」。

チャンスは交通事故に遭ってしまいます。

シェルターに運ばれそこで治療を受けることで

一命を取り留めますが、後ろ足に障害が残ってしまいます。

後ろ足は動かなくなってしまい、歩くことも不自由に。

障害を抱えてしまった動物は、

引き取り手が見つかりづらいのが現状です。

しかし、シェルターでの保護期間は決まっています。

このまま里親が見つからない状況のままでは、

残るは殺処分を待つだけとなってしまいます。

しかし、そんなチャンスを引き取りたいと申し出た青年がいました。

彼の名はマイク。

なんとマイクも同じように、足に障害を持っていたのです。

マイクに引き取られ、チャンスの新しい人生は一変します。

歩行の補助のために車椅子をつけてもらうと、

とても嬉しそうに大はしゃぎ。

飼い主のマイクさんと一緒にバスケットコートを駆け回ります。

さらにはマイクさんのヨットに乗って水上散歩まで。

シェルターではただただ死を待つ状況だったチャンスですが、

あのままでは絶対に経験できていなかったようなことまで

マイクさんと一緒に過ごすことができます。

その名の通り、新しい素敵な人生を歩むことが

できるチャンスを見事につかんだのです。

出典:youtube.com

チャンスはマイクさんにとっても癒しを

与えてくれる大切な存在になっています。

マイクさんが帰宅すると、お尻を引きずりながら

走り寄って出迎えをしてくれると嬉しそうに語ります。

素敵な飼い主さんに出会えて本当に良かった。

これからもマイクさんとチャンスは、

もっと多くの思い出をつくり続けていくことでしょう。