生まれてすぐ母猫に置き去りにされた子猫、男性に保護され無事に家族と再会! 置き去りにされたその理由に涙…

とある男性が、自身の働く農場で

生まれたばかりの子猫を発見します。

辺りを見回しても母猫らしき姿は見えません。

「一体何があったのか…」 

男性は不思議に思いながらも、

その子猫を保護するのでした。

農場を散歩している猫が母親?

男性は、

「母猫は農場をよく散歩しているあの猫ではないか」

と思い当たります。

周りを見渡してもその猫の姿はありません。

その一方で、今手の中にいる生まれたての子猫は、

生まれたばかりとはいえ体が小さすぎ、

呼吸もうまくできていません。

出典:www.facebook.com

男性は状況をうまく把握できないまま、

それでもこの子猫は救わねばならないと考え、

自宅に連れて帰ることにしたのでした。
 
奥様と一緒に献身的な世話をし、なんとか一命を取り留めた子猫。

夫婦は「ピーナッツ」という名前をつけました。
 
ピーナッツはここまで成長しました。

出典:www.facebook.com

それから1週間経ったある日のこと…

母猫が姿を現わす

男性がピーナッツを保護して1週間ほど経ったある日のこと。

姿を消していた母猫が男性の前に現れました。

母猫のそばには、ピーナッツよりもひと回り大きな子猫が2匹、

とても元気な様子でぴったりとくっついていました。
 
男性はそれ見て全てを悟ったのです。男性の考えはこうです。

ピーナッツは他の2匹よりも早く生まれてしまい、

その弱々しいピーナッツの様子を目の当たりにした母猫は、

「長くは生きれないだろう」と判断したのだろう。

そしてまだお腹にいる2匹の子猫のために、

仕方なくピーナッツをあきらめ、その場を離れたのではないか。

男性の考えはおそらく正解で、

実際保護した当初、ピーナッツはかなり小さく、

呼吸もうまくできていませんでしたし、

そしてなにより、今目の前に現れた母猫が、

ここまで成長したピーナッツを見て、

とても嬉しそうな様子を見せたのです。

その表情から、ピーナッツをあきらめると

決めたときの母猫の悲しみの深さが想像できます…
 
それ以来、ピーナッツは母猫と

兄弟猫2匹とともに暮らしています。

出典:www.facebook.com

出典:www.facebook.com

こうして家族と再会し、平和に過ごせているのも、

心優しい男性に助けられたからです。

目の前の命を救うという判断を下すことのできた

男性の決断力が素晴らしいですね!

出典:youtube.com