【真相】小室哲哉が引退記者会見で、終了を遮ってまで最後に言いたかったことをメディアが報じない訳とは…

突然の引退記者会見

 

小室哲哉が1月19日、

突然音楽活動の引退を発表しました。

これは1月18日発売の『週刊文春』に

不倫疑惑報道がされたことを

受けてのけじめ会見か?と思われたのですが…

 
 

加熱する芸能人・有名人の不倫報道ゴシップの是非はさておき、

小室哲哉は会見で相手とされた看護師A子さんとは

決して不倫関係ではないこと、

妻KEIKOさんの介護疲れなど苦悩や葛藤、

自身の音楽制作への限界等を赤裸々に語りました。

 
 

小室によれば、KEIKOはくも膜下出血発症後、

「女性から女の子みたいな優しげな性格」になり、

音楽にも興味をなくすようになってしまった、という。

 

さらに「小学4年生ぐらいの漢字ドリルを楽しんでやる」ようになるなど、

KEIKOの現在の様子を伝えつつ、

次第に夫婦としてのコミュニケーションが減り、

そうした関係に小室も疲れ始めたことを述べる。